C o n c e p t i o n



自身の内側に器の存在を感じたことがありますか?
わたしは子どもの頃からその存在を感じて生きてきました。
さまざまな出来事をこの器を入れることで輪郭を帯び、ひとつの像として捉えることができました。
この器があることで見えた世界もありますが、見えなかった世界もあります。そして苦しむこともありました。
ただ、この器は、ちょっとした作用でも変形していきます。それによって世界の見え方も変わるのです。
あなたのもつ器はどんな景色をしているのでしょうか?


N e w s

 Workshop Information

「TAKAGI KAORU 粘土で左官Workshop」

一軒家を粘土で塗り込めていくことは、山中温泉の景色を塗り替えることにならないのだろうか。

山中温泉の町の建物を陶粘土を使って左官制作をしていくプロジェクトです。
町の子供や大人達、他県の子供や大人達と共にこの今は使われていない納屋をこれから「皆が集える東屋」に変えていこうと思うのです。 私たちはいつも自然の産物、または建築やオブジェという物質で景色を変えていくのだと思いがちです。 でも私の思う「景色を変える」とは、出会うことの無かった人々が、携わったこともなかったことに手を動かし、心をふるわし、 共にした時間でささやかなが言葉を交わすことからしか始まりません。 その皆で過ごす時間が景色となって表に現れたものを「作品」と言います。 制作とは誰もが関わることができるのものです。 それを見たい、知りたい、触りたい、感じたいと思うことで人は集うのです。



『秋から冬へと変わるこの時期 vol 1 プロジェクト』

納屋の内壁面に参加者の思いを込めて左官制作していきます。 陶芸に使われる粘土にベンガラという顔料と水と銀杏草(糊)を混ぜ込み、泥にします。 それを壁に手で塗っていきます。 その際に参加者の皆さんにはあるものを持ってきていただき、それを壁に塗りこめていただきたいのです。 そのあるものとは。「赤いもの」を一つ持ってきてみてください。

ワークショップ概要

開催日時:2022年11月26日(土)・27日(日) 13:00〜16:00 ※雨天により開催日時変更の場合あり
参加対象:5歳以上のお子様から大人まで
定 員:各日定員30名様まで
参加費:無料
場 所:石川県加賀市山中温泉荒谷町ル140番地 ※駐車場は、鶴ケ滝駐車場(加賀市山中温泉荒谷町2)をご利用下さい。

お申込み・詳細はこちら

山中温泉ホームページはこちら



『春の訪れを感じられるようになる時期 vol 2 プロジェクト』

桜が咲く頃、この皆で作った東屋に県内外問わず集まり、「語らう時間」を開催しましょう。 「語らう時間」とはその時間にある植物や器や空間について感じたことをポロッと言葉にすることで 見ず知らずの人々との間に絵にも言われぬ空気が生まれることです。 そして、この時間こそが私の思う真の作品となります。 これを皆さんと共に作りたいと思います。 その際には私の器の作品達を持参いたします。 この東屋近くで咲く、枝垂れ桜の陽気を全身で浴びたらその後、皆でささやかな飲み物と食物を口にして、ポロっと言葉にしてみませんか。


3月末〜4月初旬 未定 ※開催間近になりましたらご報告いたします。


A c t i v i t y

TAKAGI KAORUの作家として発表する作品・創作活動において切っても切り離せない、
他者と触れ合う3つの実験の場の紹介とその記録


P u b l i c a t i o n

「皿と血」

『皿と血』は、TAKAGI KAORUと5組の表現者たちによる往復書簡のような形式で出来上がっている。
TAKAGI KAORUから送られる皿。その皿を使って表現者たちは旅に出る。
皿と過ごし、皿に食物を装い、それを自分の糧とした後の「皿の景色」を撮影する。
その姿から、今度はTAKAGI KAORUによる言葉が紡がれる。
言葉は表現者たちに届き、そこからまた創作がはじまる。

文/AYANA


発行元:キンカンパブリッシング
https://www.kinkangallery.com/books/122/